&#x;&#x;

次世代没入型メディアのための最先端ツール

 

没入型コンテンツの普及

VRやその他の形式の没入型メディアは、現在のビデオ、映画、テレビと比べて、より没入することができるインタラクティブな新しいユーザーエクスペリエンスを用いて、メディア産業全体を崩壊させる可能性があります。現在のニッチ市場を超えて成熟した状態に到達するためには、VRメディアの経験の質をいくつかの点で改善しなければなりません。 Immersifyは、次世代の没入型メディア・アプリケーションを可能にするための重要なツールを開発します。まず、VRビデオのニーズに合わせた高度なビデオ圧縮技術を開発することで、解像度、フレームレート、画像フォーマットの向上により、巨大なファイルを配信および表示することが可能になります。

第2に、PCやモバイルベースのヘッドマウントディスプレイ、マルチディスプレイシステム、ドーム、没入型の映画館、ディープ・スペースといった、複数のデバイスや環境を支援することで、没入型コンテンツの普及を可能にし、配信と展示を促進します。そして第3に、高品質のビデオ、2D / 3D CGI、インタラクティブな要素を組み合わせるために必要なツールを開発することにより、コンテンツ制作者がシームレスなインタラクティビティで高度にパーソナライズされたコンテンツを制作することが可能になります。

品質に代わるものはありません
Immersifyは、世界的に重要なアートやフィルムのフェスティバル(アルスエレクトロニカやカンヌ映画祭)でデモンストレーションを行い、新しいフォーマットの創造的かつ技術的可能性を示すショーケースコンテンツを制作し、市場に革新的な製品(トランスコーダー、メディアプレーヤー、SDK )をもたらします。

パートナー

PSNC
Poznan Supercomputing and Networking Center

Spin Digital Video Technologies GmbH

Ars Electronica Futurelab

Marché du Film – Festival de Cannes

Visualization Center C

このプロジェクトは、助成金協定No 7620799の下、欧州連合(EU)のHorizon 2020研究およびイノベーションプログラムから資金提供を受けています。